浅草 亀十のフラフワどら焼きが絶品すぎるのでぜひ食べてほしい

グルメ

 

 

亀十って興味あるけど、いったいどんなお店なんだろう?

 

結論から言うと、浅草エリアで特に人気な和菓子屋さんです。

特にどら焼きが有名でですね。

 

この記事では

  • 亀十はどんなお店なのか
  • 亀十の感想
  • アクセス・混雑状況・営業時間を始めとする詳細情報

についてまとめてみました。

 

本記事を書いている僕は、浅草に10年以上住んでいます。

なので、多少は参考になるかなと。

 

この記事を読んだら、絶対に亀十へ行きたくなると思いますよ。

それくらい自信を持ってオススメできます。

 

では本題へ!

 

亀十ってどんなお店?

 

亀十は浅草の中でも特に人気の高い和菓子屋さんです。

 

亀十はどら焼きが特に有名

亀十で特に人気なのが、どら焼き。

 

どら焼き界の中でも亀十のどら焼きは特に有名なようで、亀十を訪ねる多く人のはどら焼きが目当てです。

 

亀十のどらやき

 

亀十のどら焼きは

  • 黒あん
  • 白あん

の2種類があります。

 

どちらも絶品なので、食べ比べると楽しいですよ。

 

きんつば・最中(もなか)も絶品

もちろん、亀十はどら焼きだけが美味しいわけではありません。

「きんつば」・「最中(もなか)」といった和菓子も絶品です。

 

亀十のきんつば

 

亀十の最中(もなか)

 

色んな種類の和菓子が売っているので、亀十に行けばきっと気になる和菓子が見つかると思いますよ。

 

亀十の和菓子は浅草みやげにピッタリなので、喜ばれると思いますよ。

 

亀十の店内

 

亀十の店内

 

 

スポンサーリンク

亀十の感想

 

今回ご紹介するのは、以下の5つです。

 

【紹介】

  • どら焼き 黒あん(360円)
  • どら焼き 白あん(360円)
  • 松風(260円)
  • 最中(330円)
  • きんつば(330円)

 

それぞれの消費期限は、以下の通りです。

 

【消費期限】

  • どら焼き(3日間)
  • 松風(3日間)
  • きんつば(4日間)
  • 最中(6日間)

 

 

フワフワ食感がユニークなどら焼き

亀十のどらやき

 

亀十のどら焼きの特徴は、生地の柔らかさ。

例えるなら、ケーキのような柔らかさなんですよね。

 

本当にフラフワなんです。

写真からも生地のフワフワ感が伝わるのではないかなと。

 

亀十のどら焼き

 

フワフワの生地の中に、あんこがタップリ入っています。

360円と聞くと高いように感じますが、一般的などら焼きよりもボリューミーなので満足度は高いです。

 

亀十のどら焼き

 

黒あんは、しっかりした甘みの粒あん

あずきの食感が楽しいですよ。

 

亀十のどら焼き

 

どら焼きは白あんも販売されています。

白あんはどちらかというと、甘さ控えめ

 

なめらかな食感の白あんも、とても美味しいです。

甘さがしっかりついている黒あんとの食べ比べがオススメ。

 

亀十のどら焼き

 

亀十のどら焼き

 

黒糖の入った皮が香ばしくておいしい松風

亀十の松風

 

松風は亀十の看板メニューの1つで、黒糖の香る皮であんこを包んだお菓子です。

生地が松の木に似ているので、松風という名前がつけられたみたいですね。

 

亀十の松風

 

あんこを包んでいる皮は蒸しパンみたいで、黒糖の味がしっかりついています。

 

黒糖の香ばしさが最高ですよ。

口に入れると、黒糖の香りが鼻の奥から突き抜けていく感覚があります

 

亀十の松風

 

あんこ+黒糖の入った皮なので甘ずぎるかなと思ったのですが、そんなことはありません。

なかに入っているあんこが少なめな上、あんこ自体の甘さも控えめなのでちょうど良い甘さです。

 

長く愛されている和菓子というのもうなずけます。

 

あんこたっぷりでボリューミーな最中

亀十の最中

 

亀十の最中(もなか)は、とにかくボリューミー。

 

あんこの量を見てください、すごくないですか?

つぶあんがタップリ入っています

 

亀十の最中(もなか)

 

皮はサクサクというよりは、しっとりした感じ。

あんことの相性が最高に良いですね。

 

亀十の最中

 

個人的には、どら焼きの次に最中(もなか)がオススメ。

 

最中(もなか)って、僕の中ではそんなに美味しいイメージがなかったのですが、亀十の最中(もなか)はまた買いに行きたいと思うくらい美味しく感じました。

 

亀十の最中

 

あんこの味を最大限に楽しめるきんつば

亀十のきんつば

 

浅草名物の一つといえば、きんつばでしょう。

亀十のきんつばは、薄い皮の中に甘さ控えめのあんこがギッシリ入っています。

 

薄い皮で包まれているので、亀十の絶品あんこを楽しむのにピッタリな一品じゃないかなと。

 

亀十のきんつば

 

大量のあんこが入っていますが、甘さが控えめなのでペロリと食べれてしまいますよ。

あずきもしっかり入っていて、美味しいです。

 

亀十のきんつば

 

サイズは小ぶりなので、ちょっとしたお土産にもオススメです。

ぜひチェックしてみてください。

 

亀中のきんつば

 

亀十の詳細情報

 

最後に、亀十の詳細情報について書いておきます。

 

亀十へのアクセス

亀十は浅草 雷門の目の前。

 

徒歩1分くらいのところにあるので、アクセスがとても良いです。

観光ついでに行きやすいですね。

 

 

外観はこんな感じ。

 

亀十

 

最寄駅としては、以下の3つがオススメです。

 

【亀十の最寄駅】

  • 銀座線 浅草駅
  • 都営浅草線 浅草駅
  • スカイツリーライン浅草駅

 

1番近いのは、銀座線 浅草駅です。

雷門出口から交差点を渡ってすぐなので、1分あれば行けます。

 

次に近いのは、都営浅草線 浅草駅です。

この駅からだと、徒歩3分くらいですね。

 

スカイツリー浅草駅からだと、徒歩5かからないくらいです。

 

亀十の混雑状況

亀十はアクセスも良い上に美味しい和菓子を食べられるので、基本的に混雑しています。

なので、購入までに並ぶことが多いですね。

 

特に土日祝日はずっと混雑している印象です。

店の外まで行列ができていて、1時間以上並ぶことも珍しくありません。

 

一方、平日なら早ければ5分程度で購入できます。

訪ねるのであれば、基本的には平日がオススメです。

 

ちなみに、亀十の和菓子は売れ切れてしまうこともあります。

 

閉店時間直前だと売り切れている可能性があるので、確実に買いたい場合はできる限り早めの時間帯に訪ねましょう。

 

亀十の基本情報

公式サイト なし
地図 Google マップ
みんなの評価 食べログ

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が、亀十の紹介でした。

 

浅草エリアの中でも、特に人気な和菓子屋さんです。

気になった方は、ぜひ訪ねてみてください。

 

参考になれば嬉しいです。

では!

 

タイトルとURLをコピーしました